読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広告

2017年5月17日

f:id:maddersky_ym:20170517205507j:plain

 

 5月17日

クビ切りほどではないが、

トレードというのも

湿っぽい仕事である

 

 

ゆうです。

 

5月17日の言葉は、「クビ切りほどではないが、トレードというのも湿っぽい仕事である」です。

 

本書には、トレードで他チームに移籍する選手は、監督に嫌われたからトレードされたと勘違いする人がチーム事情で仕方なくトレードされるケースが多い旨が記載されています。

 

トレードで衝撃を受けたのは、2003年オフに当時のダイエーから巨人に移籍した小久保裕紀選手の無償トレードです。

 

当時の内情は本人しかわかりませんが、当時のダイエーは資金難であり、怪我をしていた小久保選手を巨人に放出したと考えられます。

 

結局、小久保選手は2007年にソフトバンクに戻ったのだが、巨人に移籍した時は複雑な気持ちになりました。

 

確かに、この言葉の通り、トレードは監督の事情ではなく、球団の事情だと小久保選手の事例で痛感しました。

 

ゆう

 

広告

広告